インド人(日本人以外のアジア人)初の区議会議員よぎさんとの対談

blog

当事者意識を持つことがグローバル化になるカギbyよぎ

 

今回は日本で初めてインド人として区議会議員になられた
インド出身のよぎ(本名プラニク・ヨゲンドラ)さんにインタビューさせて頂きました。

初来日は大学生だったよぎさんがどのようにして日本と関わり、
区議会議員までなられたのか。生い立ちを聞きながら外からの、
目線で見れるよぎさんだからこそ語れる日本に対する思いだったり、

どのようにして政治の世界から日本に変革をもたらしていくのかを熱く語っていただきました!

私のインド経験談やよぎさんの日本経験談の話ですごく盛り上がってしまい、長い時間話し込んでしまいました笑

よぎさんは日本で初めてのインド人としての議員さんになり、

偉業を成し遂げられました。

日本は島国で外物を寄せ付けない文化が今でも見えない形で根強く残っています。

しかも、政治の世界なんてより濃い文化が残っているのは事実ですよね。

そんな日本という環境の中で、インド人であるよぎさんが日本の議員さんになられたことは、日本が少しずつ変わり始めている合図かもしれません。

グローバル化と常に言われている中で、なかなか言葉が先行しているだけで、実際に日本がグローバル化になっているかと言われると現状なっていませんよね。

日本国内から、変わっていかないと世界と繋がっていくことは厳しくなってくるでしょう。

それは海外の人材を受け入れる企業も同じで、外側(海外人材)が変わってくれるのを待っているだけでは確実にこれからの社会では生き残っていけません。

社内から変えていく意識を持つことがとても重要になるのではないでしょうか。

よぎさんは企業という形ではなく、国というポジションから当事者意識を持って日本を変えていってくれると思います。

そんなよぎさんとのインタビューを是非見てください!

Youtubeでは、Part1とPart2に分けて動画をリリースさせて頂きます。

まずは、Part1から見てください。